So-net無料ブログ作成

いつかできることは、すべて今日でもできる [ココアと花ちゃん(モルモット)]

今朝の二人は、いつにも増して、やけにアグレッシブでした。
朝は、いつも、走り込み(?)をしている二人ですが、今朝は特に、それはもう、
すごい勢いで、「きゅっきゅっきゅっ!」と雄叫び(?)をあげながら、
リビングダイニングを走り回っていました。

時々こんなことがあります。
これは、一体なんなんでしょうかね?
なんでしょう?、ココアさん?
100910_01_DSC07351.JPG


まぁ、なににせよ、元気なのはいいことです。

走り回ったあとに、花ちゃんが寝袋でまったりしていたので、即座に写真を
撮ったのですが・・・間に合ってない。orz
100910_02_DSC07474.JPG


運動(?)のあとに、おいしい「バミューダバー」をあげました。(^-^)
花ちゃん、目がすごいですよ。
100910_03_DSC07467.JPG


100910_04_DSC07476.JPG


それはそれとして、
実は、1週間ほど前から、試していることがあります。
それは、夜間(23時頃~翌朝7時頃)ケージの中で過ごしてもらうことです。

これまでは、24時間ケージを開放状態で、自由に過ごしてもらっていました。
そんな中でも、21時過ぎになると、二人はケージに戻ってきて、ケージの中で
まったりとするというリズムになっていたのですが、はたして、夜中も
ケージの中でおとなしくしているのかどうかは、わかりません。

今回は、二人がケージに戻ってきたら、ケージの扉を閉めて、そのまま
朝まで、ケージの中で過ごしてもらおうというわけです。

それはなぜか?

それはですね、万が一、災害などが夜間に発生した場合に、暗闇の中で、
二人を捜して脱出では、二人を見つけて、捕まえられないという可能性もあります。
ケージの中に、居てくれれば、ケージごと抱えて、脱出できます。

家は、耐震等級3級、省令準耐火構造を満たしていますが、土地柄、その備えを
凌駕する、大地震の危険性もありますので、万が一の事態に備えて、「夜間はケージ」
というのに、慣れてもらうことにしました。

最初は、扉をガジガジかじったりして、「出せ出せ攻撃」があるのかな、と
思っていたのですが、意外や意外、二人ともケージの中で、まったりとして、
朝まで過ごしてくれています。

ちなみに、夜中の様子を観察するために、2度ほど、朝までケージの近くのソファで
過ごして、様子を観察しました。

とりあえず、今のところは順調です。
このまま、これが習慣になってくれると、助かりますね。
タグ:モルモット
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット