So-net無料ブログ作成

人生はクローズアップで見れば悲劇 ロングショットで見れば喜劇 [ココアと花ちゃん(モルモット)]

今朝、ココアと花ちゃんが、ケージ脇に設置してある寝袋に、ムギュと詰まって
入っていました。
 「これは撮らねば!」
と思い、カメラを取りにダッシュ・・・「またそこからかよ!」という突っ込みは
えーと、甘んじてお受けします。
まったくもって、準備が悪くて面目ないです。

そして、カメラを取って戻ってきた時には、すでに寝袋は空っぽでした。orz
100903_01_DSC07257.JPG


そのときふたりは、もうサイドボートの下あたりで、まったりとしていました。
100903_02_DSC07357.JPG


今日は、それをも上回る、悲しい出来事についてです。
なにがそんなに悲しいのかと言うとですね、サイドボードの下に、ココアと花ちゃんが
居るときに、ちょっと撫で撫でしようかと思って手を伸ばすと、もの凄い勢いで
逃げるんですよ。
それはもう、素早くて、すごい勢いです。

で、割と花ちゃんが逃げ遅れたりするわけですが、そんな花ちゃんに向かって、
 「花ちゃーん、大丈夫だよー」
などと言いながら手を伸ばすと、もう悲鳴に近いような声をあげられてしまうわけです。

  ,-ー-c'"゙ っ
 〈 彡ミ  ’ェ’〉 < 「私、もうダメなのねー!!」
  'ー'''''ー''ー'

と言わんばかりの強烈な悲鳴(?)です。

なんで?
100903_03_DSC07123.JPG


父、悲しいです。(T-T)
撫で撫でしたいだけなんですよ。

ねぇ、なんでですか?、花ちゃん?
100903_04_DSC07131.JPG


ちなみにココアは、ダッシュして逃げるだけで、悲鳴(?)をあげたりはしません。
というか、そんな勢いで逃げないでくださいよ、ココアさん。(T-T)

そうかと思えば、サイドボードの前に、ドカっと腰を下ろすと、「ぷいぷい」
言いながら、下から出てきて、私の周りをうろうろしたり、ココアなどは、
私の膝の上にジャンプして乗ってきたりします。

それに、リビングや、ダイニング、ケージの周りやケージの中に居るときは、
ココアも花ちゃんも、撫で撫でさせてくれます。

うーん、なんでかなぁ?
みなさんは、こんな経験ありませんか?
タグ:モルモット

乗りかけた船には、ためらわず乗ってしまえ [ココアと花ちゃん(モルモット)]

今日から9月ですね。
7月、8月と妙に調子がおかしくて、寝込んでしまう日が多かったのですが、
今日から、気分も新たに、「ブログの更新」をベースに、良くなりかけて
いたときのリズムを取り戻していければ、と思っています。

みなさんのブログにも、お邪魔しますよー。(゚∀゚)

さて、今日、朝のケージ掃除と、牧草の交換をしているときに、初めて見る光景に
出くわしました。
それはなにかと言いますと、ココアと花ちゃんが、お互いの耳をぺろぺろと
舐めていたのです。
舐められているときは、実に心地よさそうで、目を細めていました。
「これは撮らねば!」と思い、急いでカメラを取りに行って、撮影したのですが・・・

100901_01_DSC07433.JPG


・・・orz
うーん、なんともいえない写真ですな。

そもそも、手もとにカメラが準備できていない時点で、「準備不足」ですよね。
いつもは、シャッターチャンスに備えて、掃除やその他の作業のときも、カメラは
手もとに置いておくんですが、こういうときに限って、手もとになかったりします。

それはともかく、
実に微笑ましい光景でしたが、それにしても、お互いの耳を舐めるというのは、
一体どんな意味のあるコミュニケーションなんでしょうかね?

その辺、どうなんでしょう、ココアさん?
100901_02_DSC07245.JPG


もしかしたら、日頃から当たり前のようにしていたのかもしれませんが、
目撃したのは、今日が初めてです。
こうして考えてみると、まだまだ見逃している行動が、いろいろとありそうです。
明日から、もう少し注意深く観察してみたいと思います。

そして、次の機会には、必ずや、その表情も含めて、なんとかばっちりカメラに
収めたいと思います。

その代わりと言ってはなんですが、その後、これまた珍しく、(ピンボケでは
ありますが、比較的まともな)ココアのお顔を撮ることができました。
いつも真っ黒けになりがちなので、こういう顔の写真は久しぶりですね、ココアさん。
100901_03_DSC07247.JPG

タグ:モルモット