So-net無料ブログ作成

THE しらす漁! [日常]

今日は、朝早くから、「しらす漁」の見学遊覧に行ってきました。
天気は、曇りでしたが、いい具合に太陽が隠れて、暑くもなく、また海風もいい具合に
吹いていて、とても気持ちよかったです。

奥さんと子供達は、去年も行っているのですが、私は去年は、ほぼ寝たきりで
動くことができなかったので行っていません。
今年も申し込んで、うまいこと当選しまして、今年は私も、なんとか一緒に行ってきました。

乗ったのは、こんな船です
100808_01_DSC07159.JPG


100808_02_DSC07141.JPG


「しらす」についての説明資料をもらったりしました。
内容的には、まぁ、私みたいな、ここで生まれ育った人間には、子供の頃から馴染みのある
内容です。
100808_03_DSC07142.JPG


私は、子供の頃、漁港に近い父の実家で暮らしていて、祖父が職人だったこともあり、
漁師さんや様々な職人さんの姿を、子供の頃に見ていて、いろんな人からいろんな
話しを聞いて育ちました。
そんな中、子供なのに、
「魚の味と、お茶の味がわからないようだと、一人前とは言えない」
などと言われたものです。

それはそれとして、
この船に乗って、湾内を遊覧しながら、漁船が待つ漁場まで行きました。
沖合には、鯨の姿も見えました。
ちなみに、お兄ちゃんは船酔いしてました。(^-^;)

駿河湾からの富士山
100808_04_DSC07148.JPG


ちょっと、雲がかかってしまってますが。
富士山は、今年は、頂上付近にも、雪の残っている気配がないですね。

漁の様子はこんな感じ
100808_05_DSC07149.JPG


100808_06_DSC07152.JPG


この見学のために、この漁場で3隻の漁船が網を巻いていました。
その様子を見ながら、しらす漁のことや、海のこと、近頃話題になった、イルカ漁のことなど
いろんな話しが聞けました。

いろいろな考え方やとらえ方があると思いますが、イルカについて、少し補足します。
この地域でも、少しですが、イルカも食べます。

なぜかと言うと、ある季節になると、湾内(漁場)に、大量のイルカの群れが入ってきます。
そうすると、漁場にいる魚を、大量に食べられてしまいます。
すると、本来それらの魚を補食する、より大きな魚(マグロとか)のエサがなくなって
しまいます。

そんなこともあって、湾内に入ってきたイルカを獲ることもあり、ほんの少しですが、
スーパーなどで、イルカの身が売られることがあります。
でも、あくまでも必要最小限。

今ではそれも少なくなってきて、イルカの群れが来ると、漁師さんも、困ることも
多いという話しでした。
イルカのことは、ほんの一例に過ぎませんが、イルカに限らず、海の資源は、
大切に守りながら、漁をしているという話しでした。
そういう、昔ながらの伝統的な暮らし方を、一方的な正義を振りかざして(見方によっては
悪意とも言いますかね)それを持って伝えられてしまうのは、悲しいことです。

さて、それはともかく「しらす漁」です。
この朝の時間帯、しらすは水深10m付近にいます。
残念ながら、乗っていた遊覧船からは、しらすの群れを見ることはできませんでした。

無事しらすも獲れたので、港に帰ります
100808_07_DSC07154.JPG


港に帰る途中、天然ガスを積載しているタンカーに出会いました。
100808_08_DSC07155.JPG


およそ1000馬力のエンジンを積んだ、タグボートで接岸している最中で、積んでいる
ものが、可燃性のガスだけに、この作業をしているときは、海上保安庁の船が、
周囲を警戒するそうです。
手前に移っている船が、その巡視艇です。

そして、港について、いよいよ獲れたての「生しらす」をいただきます。
100808_09_DSC07160.JPG


100808_10_DSC07161.JPG


1杯に、こんなたっぷりで、私はこれを3杯いただきました。
おいしかったです!(´∀`)

今年は、しらすの漁獲量が少なめで、これまで生しらすを買うことができなかったので、
今年初めての生しらすでした。
おいしかったぁ・・・

そんなこんなで、お昼前には帰宅しましたが、帰宅したら、ココアと花ちゃんが、
サイドボードの下から出てきて、出迎えてくれましたよー。
100808_11_DSC07071.JPG


いやー、いい日でした。
ま、ちょっと今の私の体には堪えましたが。(^-^;)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット